奈良県弓道連盟規約

昭和25年7月1日制定
昭和61年4月1日改正
平成 2年4月1日改正
平成 5年4月1日改正
平成14年4月1日改正
平成15年4月1日改正
平成16年4月1日改正
平成20年4月1日改正
平成23年4月1日改正
平成24年4月1日改正
平成26年4月1日改正
平成29年4月1日改正

第1条 (名 称)
本会を奈良県弓道連盟と称する。
 
第2条 (目 的)
本会は、日本弓道を普及振興し、各自の体位を向上すると共に内外弓道を研究し、社会人としての親交を高め、文化の進展に資することを目的とする。
 
第3条 (事 業)
本会は、前条の目的を達成するため次の事業を行う。
1.弓道の修練 2.他団体との連絡 3.競射会の開催
4.斯道の研究 5.段級の審査 6.その他適切と認むる事項
本会の事業年度は、毎年4月1日に始まり、翌年の3月31日に終わる。
第4条 (事務局)
本会は、事務局を総務部長方に置く。
 
第5条 (加盟団体)
本会は、本連盟の趣旨に賛同する加盟団体によって組織する。
加盟団体は、地区及び職域により構成される支部と学生・生徒の所属する学校を単位とする。
加盟には、理事会の承認を必要とする。
会員は、加盟団体に所属するものとする。
 
第6条 (会 員)
本会会員は、弓道に対し熱意を有し修練を希望するもので、正規の手続きにより会員として登録された者を以って組織する。
 
第7条 (役 員)
本会に、次の役員を置く。
1.顧問・参与・相談役 若干名  2.名誉会長 若干名  3.名誉副会長 若干名 
4.会長 1名  5.副会長 若干名  6.理事長 1名・ 副理事長 若干名 
7.理事 若干名  8.評議員 若干名  9.監事 2名 
第8条 (顧問・参与・相談役)
会長は、弓道功労者又は斯道に関心深き者の中から理事会の議を経て、顧問・参与及び相談役を委嘱することが出来る。
 
第9条 (名誉会長・名誉副会長・会長・副会長)
名誉会長、名誉副会長、会長、副会長は評議員会の決議により之を定める。
会長は、本会を代表し、副会長は、会長を補佐する。
 
第10条 (理事長・副理事長)
理事長は、理事会に於いて互選する。
理事長は、会長の命により会務を統括する。
またその補佐のため副理事長を置くことができる。
 
第11条 (理 事)
理事は、地区別、職域別、学校別に推薦された者、及び会長の指名による者を会長が委嘱する。
 
第12条 (評議員)
評議員は、地区別、職域別、学校別に推薦された者を会長が委嘱する。
 
第13条 (監 事)
監事は、理事会の承認を得、会長之を委嘱する。
監事は、本会の会計を監査する。
 
第14条 (任 期)
役員の任期は、二ヶ年とする。但し、再任を認める。
 
第15条 (会 賓)
会長は、理事会の議を経て会賓を推薦することが出来る。
 
第16条 (評議員)
評議員は、毎年四月、会長之を招集し、主として次の事項を審議し、規約の改変については、出席者の3分の2以上の賛成を得なければならない。
但し、臨時に之を開くことができる。
1.事業の計画  2.予算及び決算  3.規約の改変
4.他連盟への加入及び脱退  5.その他重要と認むる事項
理事は、評議員会に出席し、議案の説明、答弁、意見の開陳をする。
第17条 (理事会)
理事会は、会長、副会長、理事長・副理事長、理事、監事を以って組織し、必要に応じて開催し、会務を審議する。
 
第18条 (部の設置)
本会は、会務を執行するために次の部を設置し、事務を分掌する。

1.総 務 部 :  庶務全般に関すること
他の部に属さない事務に関すること
2.財 務 部 :  財務に関すること
3.指 導 部 :  講習会等に関すること
4.審 査 部 :  審査に関すること
5.競 技 部 :  例会・競技会に関すること
6.強 化 部 :  国体選手強化に関すること
7.シ ニ ア部 : シニア行事全般に関すること
第19条 (経 費)
本会の経費は、会費、寄付金、その他の収入を以って之にあてる。
 
第20条 (会 費)
会員は、会費として別に定める金額を納入する。但し、分納することができる。
 
第21条 (会計年度)
本会の会計年度は、毎年3月1日に始まり、翌年の2月末日に終わる。
 
第22条 (施行細則)
本会は運営上、必要と認むるときは、理事会に於いて細則又は約束を定め、会長の承認を経て施行する。